クラシックカーの査定の知識を分かりやすく解説します

クラシックカーは現代の車とは年式が違い、1980年代以前の型式モデルであることが目安のひとつでもあります。また、80年代よりもさらに古くなればなるほど、クラシックカーとしての位置付けにふさわしいと感じる方も多くいらっしゃいます。そのため、ファン層も多く、中にはマニアのような収集をされている方もいます。古いモデルの車だけでのイベントが開かれたり、専門の販売会が催されたりすることもあります。一般的には維持していくのに通常車よりも手間が、場合によってはお金がかかりますので、専門的な業者などを通じてメンテナンスも必要となります。またクラシックカーを売りに出したいと考えた時には、一般の車を売りに出すのとはまた違ったルートや専門の業者を選んで査定をしてもらう方が、売る側にとっても満足がいく買取査定に繋がります。

クラシックカーは専門に扱う業者で査定する

通常の自動車の売却のように、新車購入時に下取りとして引き取ってもらったり、一般の車買取業者に持ち込んだり、一括買取で見積りを依頼する方法では、満足いく買取査定にならないことが多いです。クラシックカーの良さでもある、古い年式やグレードや価値などが、そのような買取方法の業者では扱う台数も少ないことから、市場価値として低く見積もられる傾向があります。そもそも旧車自体が、このような業者さんの間では価格がつきにくく、一般車のように製造から10年を過ぎると自動車の査定においては限りなくゼロに近づいていくのと同じ扱いになってしまいます。クラシックカーは独特な価値を持っていますので、買取側に知識がないと判断が出来ずに買い取りそのものを拒否されることも多いのです。適正な査定を望むのでしたら、クラシックカーを専門に扱う業者に売却の相談をするべきです。

クラシックカーのメンテナンス状態が査定に影響する

クラシックカーでの査定は、売る時の車の状態が大きく影響して金額にも影響をします。故障の箇所があると判断されたり、高く整備代がかかると思われたりするとそれを差し引いて査定価格が出されてしまう時もあります。そのような車の不調や過去の修理関係を疑われないためにも、しっかりと良い状態を維持してきたメンテナンスなどの履歴や過程、有名なショップの入庫履歴などがあると買い取る側にも信頼されることが多いために、高く売りたい時には重要になってきます。また古い年式の当時の塗料は品質も悪い場合がありますので、駐車場が屋外などにあり陽に当たっている時間が長い場合や雨風にさらされることで、屋根、ボンネット、ボディーの塗料が剥がれてしまったり色あせたりして見栄えが悪くなってしまいますので、車の保管状態も査定には影響します。