クラシックカーの査定と相場を教えます

クラシックカーを売却しようという段階になって問題になるのは、査定です。特に初心者の場合、クラシックカーのように相場が相手や社会情勢によって大きく変動するものであるため買いたたかれる危険が高いと言えるでしょう。複数の業者に見積もりを頼んでも、それぞれが買い叩くつもりで査定をしているとあまり意味がありません。なので、クラシックカーは、査定の時点で工夫が必要だったりします。つまり、一括査定サービスを行っているサイトを探し、そこを通して複数の業者に、一度に査定を依頼する事です。この方法であれば査定の時点で買い取り競争が発生し、オークションのように買い取り額が上がって行きます。競争の末の見積り価格であれば売り手も納得をしやすいですし、車の状態にもよりますが、ある程度以上の金額で売却することが出来るでしょう。

クラシックカーの査定とはどんなものか

クラシックカーの売却と査定を行うに当たって気を付けたいのは、通常車を売るのとは事情が異なると言う事です。通常の車を売る場合であれば、ディーラーと買い取り専門店の2か所のどちらに話を持って行くかというところからですが、クラシックカーの場合は買い取り専門店一択です。というのも、ディーラーに販売する場合は車としての価値が基準となり、クラシックカー独自の市場価格が反映されない為です。なので、持ち込むとしたら買い取り専門店一択、可能ならクラシックカー専門店で買い取りを行ってもらう事が理想です。そしてクラシックカーは車と言うより骨董品ですので、実際に稼働するかどうか、傷や汚れが無いか等がポイントとなり、実は実際に動くかどうかは微妙な所だったりします。しかし、レストアをしていた場合は買取店の方針によって査定額が大きく変わる可能性があるので注意です。

クラシックカーの査定と買取先の探し方

このようにクラシックカーの査定と相場は特殊であり、その売却は難しいものです。では最終的に売却するにあたって、理想的な店舗とはどのようなものでしょうか。インターネットで検索するとそれこそ様々な専門業者が出てきますが、どのように選べば良いのでしょうか。もちろん先に述べた一括査定サービスで最も高値の見積もりを出した業者でも良いですし、クラシックカーについて詳しい知人や親戚がいるならそちらを頼るのも良いでしょう。ですが、お勧めしたいのは「クラシックカーの持ち主と近いこだわり・好みを持つ業者」です。少し触れましたが、クラシックカーは車では無く骨董品です。であれば、近い趣味、近い価値観を持つ方の手に渡った方が大事に扱ってくれる。より喜んでくれる。そうは思えませんでしょうか。