ハイクオリティのオープニングムービーで結婚式を演出しよう

一生に一度の晴れの舞台、それが結婚式です。新郎新婦のお二人はもちろん、両家のご両親やご親族、参列していただいたゲストの方たちにとっても心に残る素敵な結婚式というのは簡単なようでじつはとても難しいのが現状です。 特にゲストの方たちはどうしても自分たちは脇役のように感じてしまい、新郎新婦を祝福する気持ちはあってもなんとなく肩身の狭い時間だったな、なんて感じてしまうこともあるようです。 どうせなら当事者だけでなく参加して下さる方全員が心温まるような素敵な式にしたい人も多くいます。そこでとても役立つのがムービーです。ムービーは進行のどこに組み込んでも基本的にOKですが、おすすめはなんといってもオープニングムービーです。そして、クオリティにこだわったものであればますます参加者みなさんの印象に残ること間違いなしです。

なぜオープニングムービーがおすすめなのか

式や披露宴の進行中のどこにいくつのムービーを組み込むかというのは、もちろん新郎新婦の自由です。プロフィールビデオにムービーを流す方もいらっしゃいますし、ご両親への手紙をムービーで演出する方もいるようです。でも、ひとつだけムービーを取り入れるならどこですか?と聞かれれば、それは断然披露宴のオープニングムービーです。ムービーを使うことで参加してくださった方全員の興味を一瞬にして引くことができますし、そうすることで披露宴全体が引き締まったものになります。 ご友人など参列者に協力していただいて豪華なムービーを作る方も多く、そうすることで式の準備の段階から同じ時間を共有することも可能です。 また、セットでエンディングムービーを作ることでメリハリのついた披露宴にすることができますし、エンディングで参列者の名前を全員流すことで披露宴に参加した全員が同じ時間を共有したという満足感と達成感を得ることもできるのでセットで作ることもおすすめです。

クオリティにこだわるにはどうすればいいのか

そして、どうせムービーの演出をするのであればクオリティにこだわった素敵なモノを作りたいと考えます。そんな時にはプロにお願いしてしまうのが一番確実な方法です。それでなくても結婚式や披露宴は準備に時間がかかりますし、ムービーまで手が回らないという方も多いです。忙しい時間の中で片手間で作って失敗した、なんて後悔してもしきれません。 もちろんプロにお願いするといっても、ご自分たちでアイデアを出したり相談しながら作ることができますし、最終的に満足のいく作品ができるまで何度でも手直しをすることが可能です。 それに自分たちでなかなか良いアイデアが思いつかない、なんてときにもプロの視点から提案してくれるので心強いです。参加者全員の心に残る素敵な時間を作りあげるために、是非ともムービーを使って二人の披露宴を演出してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加