結婚式のオープニングムービーについて

映像を使った演出は結婚式では定番になりつつあります。新郎新婦の生い立ちや思い出をプロフィールムービーで上映する演出はよく見かけますが、最近では披露宴が始まる前にオープニングムービーを上映する会場が増えてきました。
オープニングムービーは数分の短い映像ですが、新郎新婦がゲストに披露宴の始まりを告げる合図として利用されています。以前は利用する人が少なくあまり見かけなかったのですが、今では多くの会場で利用されています。映像での演出は会場の雰囲気を盛り上げ、結婚式を明るく華やかにしてくれます。
映像の種類も幅広く、映画風のかっこいい映像やアニメやドラマ風のちょっと笑えるコミカルな映像など新郎新婦のセンス次第でその演出方法は無限に広がります。ゲストの皆さんが楽しんでもらえる映像を作るにはどうしたらいいのか頭を悩ませている方も多いでしょう。ちょっとした工夫で映像の完成度が大きく変わります。楽しい映像を作るためのポイントを見ていきましょう。

当日出席するゲストにも映像に出演してもらいましょう

映像の中に当日出席するゲストも出演してもらいましょう。ドラマのオープニングで出演者を紹介するようなイメージで挨拶や乾杯、余興をやってくれるゲストの名前を挙げていくと会場が盛り上がります。
その際にゲストを顔写真付きで紹介すると会場にいる他のゲストが相手の顔や名前を知るきっかけになります。知っている顔が出てくる映像は親近感がわいて楽しくなること間違いなしです。
映像の最後には来てくれたゲストに対する感謝の気持ちやお礼を伝えるメッセージを添えましょう。ゲストに今日1日楽しんでほしいという2人の想いがより一層伝わる温かい映像になります。映像にゲストを出演させることにより、新郎新婦はもちろん参加したゲストもこれから始まる披露宴への期待と緊張が高まります。

結婚式当日を迎えるまでの日々を映像にしましょう

2人の思い出や当日に向けて準備をしているところなど新郎新婦が当日を迎えるまでにどんな日々を過ごしてきたのかをドキュメンタリー風に編集して映像にするのも面白いです。
入籍や式場の打ち合わせをしているところなどを振り返り、式まで残り何日とカウントダウンしていくのも楽しいですね。コミカルな動きを入れたり、紙やボードにメッセージを書いて映像に出演させたり次々と変わる映像にいつの間にかゲストも夢中になっていることでしょう。2人の普段の姿や素の表情がたくさん出てくる映像になるのでゲストも嬉しくなります。
映像の間にカウントダウンを入れると臨場感があり期待が高まります。カウントがゼロになると同時に新郎新婦が入場してきたら会場も拍手喝采で盛り上がるでしょう。

種類の豊富さとコストパフォーマンスの良さでご注文多数 映像専門店だからできる高クオリティで格安のオープニングビデオ。 映像専門店だからできる高クオリティで格安のオープニングビデオ。 エンドロールビデオ全品9800円! LINEでカンタンにやりとりができます! LINEでカンタンやりとり! 山形県から真心を込めてお届けいたします。 結婚式のオープニングムービーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加